戻る

ニュース

GMT94 Yamahaが暫定的にポールポジションを獲得

GMT94 Yamahaが暫定的にポールポジションを獲得

15/09/2016 22:01

GMT94 Yamahaが再度本領を発揮し、本日午後に行われたフリー走行にてSuzuki Endurance TeamとTeam SRC Kawasakiを凌駕し暫定的にポールポジションを獲得する。

本日の午後ポール・リカールサーキットにて行われたフリー走行で、GMT94 YamahaのLucas Mahias選手が1’58.255というラップタイムでまたもや最速となる。チームメイトのDavid Checa選手及びNiccolo Canepa選手と共にYamaha #94に跨がり、Suzuki Endurance Teamを抜いて暫定ポールポジションを獲得する。Vincent Philippe選手、Etienne Masson選手そして今回素晴らしい走りを見てたAnthony Delhalle選手(1’58.512)率いるSuzuki Endurance Teamはラップタイム1’59.237で暫定2番手となる。Grégory Leblanc選手、Randy de Puniet選手、とFabien Foret選手の3人のライダーを率いるTeam SRC Kawasakiは平均タイム1’59.341を叩き出し暫定3番手となる。

CBR1000RRを扱うF.C.C. TSR Honda と Honda Endurance Racingはそれぞれ暫定4番手と5番手となる。それに続きYART Yamaha Official EWC Teamが暫定6番手となり、カステレに参戦したもう一つの日本チーム、Erwan Nigon選手・Osamu Deguchi選手・Hitoyasu Izutsu選手率いるTrick Star Racingが暫定7番手となる。Penz13.com BMW MotorradはLucas Pesek選手の転倒によって暫定8番手となる。

スーパーストックのカテゴリーでは、Kawasaki #33に跨る3人のライダーEmeric Jonchière選手、Anthony Oiseau選手、とMorgan Berchet選手を率いるTeam Louit Moto 33 Traqueurが2’01.132というタイムでフリー走行でもTeam April Moto Motors Events(暫定10番手) 及び Maco Racing(暫定11番手)を凌駕し暫定9番手となり、このカテゴリーではトップとなる。その他のスーパーストックのチーム:Junior Team Le Mans Sud Suzuki、Yamaha Voltais Experiences、Team 3Art Yam’Avenue、そしてTati Team Beaujolais Racingの4チームは、ほぼ同等のパフォーマンスを発揮しそれぞれ暫定12番手から15番手となる。

予選の第2戦は明日金曜日の午前9時40分からのスタートとなる。

昨シーズンのチャンピオンであるGMT94ヤマハは、

ボルドール前夜、ホンダ・フランスはチームF.C.C

チームSRCカワサキは、YARTヤマハとF.C.C

まもなく開幕するFIM EWCチャンピオンシップの

FIM EWCの新シーズンが、9月16〜17日にポ

 40周年を迎えた今年の鈴鹿8耐。このレースの結果