戻る

ニュース

終始トップ争いが繰り広げられた素晴らしいレースはGMT94 Yamahaが勝利を掴み、2位となったSuzuki Endurance Racing Teamは累計ポイント僅か1ポイント上回る劇的な逆転で2016年FIM世界耐久選手権(EWC)のチャンピオンに輝いた。 3位はPenz13.com BMW Motorradとなる。

終始トップ争いが繰り広げられた素晴らしいレースはGMT94 Yamahaが勝利を掴み、2位となったSuzuki Endurance Racing Teamは累計ポイント僅か1ポイント上回る劇的な逆転で2016年FIM世界耐久選手権(EWC)のチャンピオンに輝いた。 3位はPenz13.com BMW Motorradとなる。

レース序盤から盛りだくさんのバトルがオーシャスレーベンで繰り広げられました。レース開始から3時間経過後、YART Yamaha Official EWC TeamはGMT94 Yamahaに一周、Suzuki Endurance Racing Teamに2周の大幅なリードをつけて独走。

今朝行われたオーシャスレーベン8時間耐久レースのワームアップにて、ベストタイムがF.C.C TSR Hondaによってマークされた傍、ライバル達は皆FIM EWC選手権のファイナルに向けてそれぞれ調整を洗練させゆく。

2016年FIM EWCのファイナルステージとなるオーシャスレーベン8時間耐久レースのスターティンググリッド上位グループは、すべて優勝候補達によって占められた。 YART Yamaha Official EWC TeamとGMT94 Yamahaの2チームが2015年の王者、Suzuki Endurance Racing Teamを凌駕し、それぞれポールポジションと2番手となる。

2016年FIM EWCのファイナルステージとなるオーシャスレーベン8時間耐久レースのスターティンググリッド上位グループは、すべて優勝候補達によって占められた。 YART Yamaha Official EWC TeamとGMT94 Yamahaの2チームが2015年の王者、Suzuki Endurance Racing Teamを凌駕し、それぞれポールポジションと2番手となる。

YART Yamaha Official EWC Team が本格的にFIM EWC 2016 のタイトルを獲りにきた。フリートライアルのトップを走り、Suzuki Endurance Racing Team とYamahaのGMT94を出し抜いて、YARTは暫定ではあるがポールポジションの座についた。
フリートライアルにて転倒してしまい、入院の為Bradley Smith選手は欠場となってしまったが、YART Yamaha Official EWC Teamはオーシャスレーベン8時間耐久レース一次予選のトップとなった。

YART Yamaha Official EWC Team が本格的にFIM EWC 2016 のタイトルを獲りにきた。フリートライアルのトップを走り、Suzuki Endurance Racing Team とYamahaのGMT94を出し抜いて、YARTは暫定ではあるがポールポジションの座についた。
フリートライアルにて転倒してしまい、入院の為Bradley Smith選手は欠場となってしまったが、YART Yamaha Official EWC Teamはオーシャスレーベン8時間耐久レース一次予選のトップとなった。