戻る

ニュース

期待高まるボルドール戦

期待高まるボルドール戦

08/09/2016 15:44

2016/2017 FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)の第1戦、第80回ボルドール24時間耐久レースは来たる9月17日及び18日にカステレのポールリカールサー キットにて開催される。約60チームが参戦する中、耐久レースのスペシャリストはもちろん、その他にもMotoGPから新たなライダー達が参加することに なっている。中でも注目のライダーはTeam SRC Kawasakiが迎え入れたフランス人ライダー Randy de Puniet選手となる。

8月末に行われた最終レースオーシャスレーベン8耐にて、Suzuki Endurance Racing TeamがGMT94 Yamahaに僅か1ポイント差で王者の座を勝ち取り、幕を閉じた。その熱がまだ冷め止まぬ中、参加チームたちは既に2016/2017FIM世界耐久選 手権シリーズ(EWC)に向けて着々と準備を進めている。FIM EWCをさらにワールドワイドなスポーツイベントとしての発展を遂げるために行われた改革に伴う新たなスケジュールが今季から採用され、今後、開幕戦はボ ルドールにて毎年9月に開催され、最終戦は7月の鈴鹿8耐で幕を閉じることになる。
スピードと耐久
前シーズンを盛り上げた役者達も勢ぞろいとなる今シーズン。今季に向けて新たな体制で挑むチームもいれば、引き続き同じライダー達と共にタイトルを狙う チームもいる。Suzuki Endurance Racing Team は引き続きAnthony Delhalle選手、Etienne Masson選手、Vincent Philippe選手達と共に連覇を狙う。GMT94 YamahaそしてHonda Endurance Racingも前シーズンに引き続き、それぞれDavid Checa選手・Lucas Mahias選手・Niccolò Canepa選手、とJulien da Costa選手・Sébastien Gimbert選手・Freddy Foray選手達と共に再度新たなシーズンを迎えることとなる。YART Yamaha Official EWC Team はBroc Parkes選手とSheridan Morais選手に加え新たにアメリカ人ライダーのJosh Hayes選手を迎え入れる。2016年FIM EWCにて3位となったTeam April Moto Motors EventsはSRC Kawasakiの元ライダー、Matthieu Lagrive選手を新たに加えて、Gregg Black選手とGrégory Fastré選手の3人のライダーでさらなる高みを目指す。KawasakiのオフィシャルチームであるTeam SRC Kawasakiに至っては、今季からSuzuki #50 に跨る事となったMatthieu Lagrive選手の代わりとなるライダーを模索している中、ボルドールに向けてついに理想のライダーを見つける。Kawasaki #11に跨る新たな選手は、元々MotoGPのライダーであり、2014年に鈴鹿8耐を2位でゴールしたという実績の持ち主でもあるフランス人ライダー、 Randy de Puniet選手となる。今季参戦するフランス人ライダーはこれだけではない:前シーズンにてGMT94 Yamahaの下参戦していたLouis Rossi選手が Team Tecmas (BMW)の下耐久レースに復帰する。その他にも、YARTにサポートされているTeam Rabid Transitの下にMax Neukirchner選手が復帰し、Ivan Silva選手及びIgor Jerman選手のチームメイトとなる。
計10カ国を代表するチーム達
F.C.C. TSR Hondaが いち早く名乗りを上げ、流れを作ったこともあり、今季のFIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)には日本チームが2チーム参戦する事となった。ボルドール に向けて、F.C.C. TSR Hondaは、Kazuma Watanabe選手とDamian Cudlin選手に加え、4度の優勝経験を持つ鈴鹿8耐のスペシャリスト、Shinichi Itoh選手を迎え入れた。そしてもう一つの日本チーム Eva RT Trick Star (Kawasaki) はErwan Nigon選手、Hitoyasu Izutsu選手、Osamu Deguchi選手たちと共に今回ボルドール初参戦に挑む。第80回ボルドール24耐には計10カ国が参加することになる。
スーパーストックのチーム達も同じく活気に満ちた動きを見せている。2016年ワールドカップの勝者、Team 3Art Yam’Avenueは、Louis Bulle選手とAlex Plancassagne選手に加え、Superstock1000出身のイタリア人ライダー、Luca Marconi選手を迎え入れるが、このカテゴリーには志の高い多くのチャレンジャーがいるので一筋縄ではいかないだろう。
ボルドールのオフィシャルトライアルは9月15日(木)午前9時30分からのスタート。レースは9月17日(土)午後15時(GMT+2)からのスタートとなる。

昨シーズンのチャンピオンであるGMT94ヤマハは、

ボルドール前夜、ホンダ・フランスはチームF.C.C

チームSRCカワサキは、YARTヤマハとF.C.C

まもなく開幕するFIM EWCチャンピオンシップの

FIM EWCの新シーズンが、9月16〜17日にポ

 40周年を迎えた今年の鈴鹿8耐。このレースの結果