戻る

ニュース

ボルドールに向けてRANDY DE PUNIET選手 がSRC KAWASAKIに迎え入れられる

ボルドールに向けてRANDY DE PUNIET選手 がSRC KAWASAKIに迎え入れられる

05/09/2016 19:28

9月17日及び18日にカステレにて開催される2016−2017 FIM EWC 選手権の開幕戦であるボルドールのレースに向けて、 Kawasaki のオフィシャルチームは、Gregory Leblanc選手及び Fabien Foret選手のチームメイトとして、Randy de Puniet選手を迎え入れる。

FIM EWCにMotoGPから新たな選手が参戦 ! Matthieu Lagrive選手がTeam April Moto Motors Eventsに移った後の穴を埋める為、Team SRC Kawasakiはチームの野心に答えることのできるライダーを見つけなければならない状況となる。
2015年にボルドールを勝ち取ったGilles Stafler氏のチームが取った決断は、ボルドールに向けてフランス人ライダーのRandy de Puniet選手を迎え入れる事となった。新たなシーズンとなるFIM EWC 2016-2017 の全6戦の第1戦から、Grégory Leblanc選手及びFabien Foret選手と共にレースに参加する予定となる。
Randy de Puniet選手にとっては初めてのボルドールとなるが、耐久レースにおいては2014年にYoshimura Suzukiチームの下で鈴鹿8耐を2位でゴールしたという実績の持ち主である。

昨シーズンのチャンピオンであるGMT94ヤマハは、

ボルドール前夜、ホンダ・フランスはチームF.C.C

チームSRCカワサキは、YARTヤマハとF.C.C

まもなく開幕するFIM EWCチャンピオンシップの

FIM EWCの新シーズンが、9月16〜17日にポ

 40周年を迎えた今年の鈴鹿8耐。このレースの結果