戻る

ニュース

ボルドールにてレース序盤から荒れる

ボルドールにてレース序盤から荒れる

17/09/2016 18:55

ボ ルドール24時間耐久レースは序盤からクレイジーな展開が繰り広られた。ウォーミングアップ走行中の転倒によって予定の時刻よりスタートは遅れ慌ただしい 展開となったが、午後18時の段階でSERTはTeam SRC Kawasaki 及びHonda Endurance Racingを制しトップを走る。

Anthony Delhalle氏の手腕によってSuzuki Endurance Racing Teamはほぼ序盤からレースをリードする。レース開始から3時間経過した時点で、SERTはTeam SRC Kawasaki及びHonda Endurance Racingの一歩前を走る。その後ろには、順番にTrick Star RacingのKawasaki、ガス欠により遅れが生じたYART Yamaha Official EWC Team、そして F.C.C. TSR Hondaがトップグループを追いかける。
7番手から9番手にはスーパーストック組のYamahaが連ねる:Moto Ain、Yamaha Viltaïs Experiences、そしてTeam 3’Art Yam’Avenueの順となる。トップ10を締めくくる最後のチームはTeam Bolliger SwitzerlandのKawasaki EWC となる。
いくつもの優勝候補チームがトラブルによってトップグループから離される:GMT94 Yamahaは2度の転倒によって6週遅れで30番手以下となる、Penz13.com BMW Motorradはエンジンが破損、Team April Moto Motors Eventsはギアボックスのトラブルによって長らくピットから出てきていない状態が続いている、そしてTecmas Racing Team BMWはレースを、Camille Hedelin選手及び Dominique Platet選手の二人で継続するも最下位となる。
ウォーミングアップ走行中、BMW #88に跨るLouis Rossi選手の転倒によってスタート時間は予定より遅れ、15時10分からのスタートとなった。Louis Rossi選手は転倒の衝撃により外傷性脳損傷を患う。
第80回ボルドール24時間耐久レースのゴールは予定通り日曜日の15時となる。

昨シーズンのチャンピオンであるGMT94ヤマハは、

ボルドール前夜、ホンダ・フランスはチームF.C.C

チームSRCカワサキは、YARTヤマハとF.C.C

まもなく開幕するFIM EWCチャンピオンシップの

FIM EWCの新シーズンが、9月16〜17日にポ

 40周年を迎えた今年の鈴鹿8耐。このレースの結果